フィリップスソニッケアー互換の替えブラシ「ソニマート」が安くていい感じ

2018.10.13

みなさん歯ブラシいかがですか?僕は電動歯ブラシのフィリップス「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション」をずっと使っています。この歯ブラシに変えてから普通の歯ブラシには戻れなくなりましたね。ただ替えブラシの値段が高いのが難点です。1本1,000円ぐらいです。というわけでこんな時にいいぞ互換性!「ソニマート」を使ってみました。

フィリップス「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション」

[itemlink post_id=”4158″]

使えばわかるこの洗浄力!とはいえ歯ブラシに15,000円もかけるのです。その価値があるのかどうかというところにもなります。自分にとっては買ってよかった家電トップ3には入るものだと思いますが…。毎日2回は必ず使うものなので。

コーヒーとかタバコとかを嗜む方は着色がしやすいと思うので、さらにおすすめです。あと、歯磨き粉もAPAGARDのスモーキンというものがなかなか目に見えてきれいになったのでこちらもおすすめします。

[itemlink post_id=”4159″]

純正ブラシと互換性「ソニマート」

純正は高い?

[itemlink post_id=”4160″]

この通り、4,000円するんですよ…。4本組みで、だいたい3ヶ月ぐらいなので1年に4,000円と考えればそれほどなのですが、ふとしたときの歯ブラシに対する4,000円は心境的に高いです。ただでさえ本体に15,000円払ってるし…。とか思いながら、現在のソニッケアーは2代目です。2台目?前のものは3年ほどで電源がつかなくなる魔法にかかりました。ちょうどバリ旅行にいったとき。

ソニマート??

[itemlink post_id=”4161″]

純正は4本で4,000円に対し、こちらは8本1,700円ほどです。わけがわからないよ。安すぎて怖くなるね…。と思いつつ、1,700円ならミスってもいっかーという気持ちと、口の中にいれるけど、胃の中にいれるわけじゃないからそんな命にはかかわらんっしょっていう発想で試してみました。

結論
少しはめ込みにくいが、磨き心地は変わらず。持ちもそこまで変わらないが、値段が安い分、ぎりぎりまで使うか…というケチ根性も発動しなくなるので逆に純正よりもいいかも知れない。

というわけで、互換性って探してみるものだなという記事でした!!!