【Sonyα7Ⅱ作例】「下呂・濁河」で星空の写真

2017.04.25

先週の金曜日に会社のラジオで、「こと座流星群」がやってくると聞いた。土曜日の夜中に見頃を迎えると。すかさず月齢をみて、天気をみて、これなら行けると思って土曜日に濁河の方まで車を走らせた。

下呂・濁河へ

場所は前回と同じところの、太平展望台あたり。

ここを見つけるまでは、長野県のしらびそ高原にいっていたけども、しらびそ高原はGWあたりまで冬期の入山規制がはいるため、行けぬ。

それに小牧からだと下呂・濁河だと3時間ほどでいけるので、ちょっとした撮影にはもってこいのはず。

昼過ぎ頃に出発し、途中途中で桜が咲いているのを見かけ、とちゅうで車を止めて、少し撮影

ハナモモ?

このあたりは使い慣れたα7iiと、Planar 50/1.4 を。

やっぱりこのレンズ好きだなぁ…なんていうんだろうなぁこのヌケ感というか、光の入れ方というか、ボケるんだけど、しっかり解像してるし。

いっぱい咲いてた。

ちょっとレンズを変えて、MINOLTA AF 85mm/1.4 。撮って出し。

コントラスト強めかな?慣れない距離感。でも、この子もしっかりと解像するね。色乗りも、もう少し慣れたらいい感じに乗りそう。

ちょっと彩度とかいじった。

AFって便利だなぁ…α7ii+ アダプターだと、AF点13点ぐらい?と少なくなるけど、結局MFで微調整するし、そこまで気にならないかな。

本題

この辺は広角で、NIKKOR AI 28mm/2.8

ロッコールかAマウントの広角を探しているけど、広角側はNIKKORの28mmの雰囲気が好みかもしれない。ロッコールやAマウント、ミノルタレンズは標準〜中望遠が得意というイメージがある。まあお財布事情もあるんだけど。

本題の星空は、途中まではなんとか見えていたけども、ガスが出てきて、見えなくなってしまいましたとさ。それに、4月の後半だというのに、気温は0度。山をなめてはいけませんね。寒かった。油断した。


旅行は、28mm、50mm(プラナーか、ゾナー55mm/1.8)、85mmで行こうかなと思う。ポートレート仕様みたいなレンズ装備だけど、実際、28mmと85mmでもいいかもしれない。GWの旅行の予定も立ってきた。今年は西に行こうと思う。主に島に。民宿も取れたので、まったりとしつつ、撮影をしまくって、はてなのフォトコン用の写真を…。

クリスマスは長野県の美ヶ原温泉へ。そばも食べた。 – たこさんちゃんねる

きらびやかな、名古屋駅周辺、街のイルミネーションが輝く、一角の隠れ家的なフランス…
tako3.photo

ソニーα7iiで岐阜県大平展望台まで星を撮りに行ってきたよ – たこさんちゃんねる

正月休みに、ちょうど月も新月近くできれいな下弦の月だったのと、しぶんぎ座流星群が…
tako3.photo

山の日だったみたいで、しらびそ高原に星を撮りに。 – たこさんちゃんねる

晴れっぽくて、まあ月も上弦の月ということで、ぎりぎり星が見えるのではないかと思っ…
tako3.photo

一眼レフで星空を撮影する時の話。撮り方とか設定。 – たこさんちゃんねる

Nikon D750を例に星景写真や星の写真を撮影する際の設定やとり方をまとめて…
tako3.photo

下呂市濁河あたりで星景写真を撮影してきましたよ。タイムラプスとか。 – たこさんちゃんねる

土日にちょうどいい感じに晴れていたのと、新月付近だったので、ちょっくら岐阜県の方…
tako3.photo